トップ  >  最新採集結果  >  2010年6月25日〜30日 ミンドロ島採集

【画像1左】 ミンドロ島特産 亜種ルディカ 80mm台(ズーム撮影)6月26日

《特徴》 一見インターメディアだが頭部が大きく凹み、アゴは大歯になってもインターのように長くならない。

ミンドロ島は中部・南部のデータのない場所で過去数回ほとんどクワガタが採れなかった為、今回のミンドロ島採集で何も採れなければミンドロ島の調査はやめようと思ってました。

最初の原生林ではルディカ1頭しか採れなかったので、ミンドロに時間をかけたくなかったため翌日村人を10人雇いクワガタの採れる木と採り方を教え探しまくりましたが何も採れませんでした(泣)。原生林を2時間30分歩いた場所でライトトラップもやりましたが、こちらのポイントではクワガタは飛んで来ませんでした

【画像2右】 2010年6月30日 昨年11月末にライトトラップをした場所と全く同じ場所(崖崩れを利用したポイント)

もう1つの原生林に移動し昼間の採集では何も採れなく、最初のライトトラップは雨上がりだった為シロアリ系の羽蟻の大群に襲われ開始1時間で断念しました。

翌日再びライトトラップをするとさすが雨期だけあって、昨年末とは違い大量の蛾が飛んで来ました。それでもこちらのポイントは原生林の中にもかかわらず、何故か大型の蛾が少なかったです。

【画像3】 ブッダ?ドルサリス?2♂(40mm)4♀飛来

ライトトラップに飛んで来た真っ黒な小型ノコギリですが、ブッダの短歯とは歯形が違うので最初は『新種か?』と思ったのですが良く見ると歯形がドルサリスに似てる???

しかしドルサリスであれば体は赤く、ブッダであれば頭部がオドントラビスのように盛り上がるはずである。体は真っ黒なのでブッダだとすればパラワン島亜種のPalawanicusが頭部はフラットのためブッダなのか???

どちらにしてもミンドロ島産でブッダやドルサリスは聞いた事なかったので、フィリピン産クワガタ輸入業者のK氏にお伺いしたところ、ミンドロ島からはブッダやドルサリスは来た事がないという事でした。

帰国してから大図鑑で良く見比べると、脛節のトゲと前胸の形がブッダではなく、原歯形ではあるが歯形はやはりドルサリスに似る。2♂3♀は腹も真っ黒けっけである。大歯形を見てみないとなんとも言えない。

もしかしたら・・・亜種?新種?

【画像4・5】 ウスバカ ミキリ 特大!114mm

画像右はバカミキリが暴れるためノギスがズレて110.2で写ってますが、確実に測って114mmありました。フィリピン産ウスバカミキリの最大は120mと聞いていたので114mmは大した事ないと思いリリースしたのですが、後でK氏から「もったいない〜」と言われました(笑)。

ウスバカミキリはライトトラップによく飛んで来るのですが、動き回って蛾の鱗粉が飛散るため、私にとってはオジャマムシです。

前
2010年6月9日 遂にカリマンタン産ヒラタ自力採集成功!
カテゴリートップ
最新採集結果
次
2010年7月1日〜4日 パナイ島採集

SAISYUKA T-TOP
採集家 T-TOP 採集家 T-TOP ttop ティートップ クワガタ 天然採集 ブリード クワ 最新 自力採集 固体 個体 ブリーダー くわがた 鍬形 さいしゅう さいしゅうか 最新採集結果 カブトムシ かぶとむし カブト カブト 昆虫採集 昆虫 クワガタ 採集 クワガタ飼育 クワガタ 種類 クワガタ 飼い方 クワガタ 図鑑