トップ  >  最新採集結果  >  2010年7月1日〜4日 パナイ島採集

【画像1】 インアーメディア 93.7mm 枝先にいた個体を下で撮影(パナイ産は96mmupするとアゴの張り出した個体が多い)

パナイ島も今回の雨期で各州の原生林地帯を徹底的に調べて、オオヒラタや新種が採れなければやめようと思っていたのですが、色々な事情が重なったため回りきれませんでした。

最初のポイントでは原生林の麓の村まで2時間歩いて村長の許可を貰おうと思ったのですが、村長不在のため原生林に入れませんでした。

《※ フィリピンは原則的に原生林(Protect Area)の立ち入りは農務省管轄DENRの許可(普通の人は貰えませんが申請しても6ヶ月以上掛かります)が無ければ入れません。DENRの許可があっても市長と地元村長の許可がなければ入れません。原則的に採集や持ち帰る事もできません。》

翌日まで村に泊めてもらい村長の許可を得て、村警察を2人雇い総勢7人で山に登りました。、2時間かかってライトトラップのポイントを探しスタンバイしましたが、夕方から土砂降りでできませんでした(泣)。

日中の採集ではインターメディアの時期がまだ早く、最大は93.7mmしか採れませんでした。9月になれば大型が簡単に採れます。

3日目にライトトラップをしましたが、オキピタリスの♀しか飛んで来ませんでした帰りの4時間歩きはゲッソリです。(いつもの事ですが)

【画像2】 7月4日 パナイ島産 タウネスヒラタ 59mm(上のウロから採り出した個体を下で撮影) 

パナイ島でブル(ルソン島でヒラタの採れる木)のウロから採れるのは毎回このタウネスヒラタ。ネグロス島でも各地で採集しましたがやはりタウネスヒラタしか採れません。

パナイ島とネグロス島にオオヒラタの生息している可能性は極めて低いですが、オオヒラタは局所的に生息している事もあるのでわずかな可能性はあります。

前
2010年6月25日〜30日 ミンドロ島採集
カテゴリートップ
最新採集結果
次
2010年7月5日 Mt.バナハウ 天然 99.0mm T−TOP採集

SAISYUKA T-TOP
採集家 T-TOP 採集家 T-TOP ttop ティートップ クワガタ 天然採集 ブリード クワ 最新 自力採集 固体 個体 ブリーダー くわがた 鍬形 さいしゅう さいしゅうか 最新採集結果 カブトムシ かぶとむし カブト カブト 昆虫採集 昆虫 クワガタ 採集 クワガタ飼育 クワガタ 種類 クワガタ 飼い方 クワガタ 図鑑